低用量ピルの基礎知識

低用量ピルは望まない妊娠を避けるための手段として注目されている薬です。女性ホルモンの量を妊娠しないギリギリのラインまで下げることで、ほぼ100パーセント避妊できます。しかし医師の処方箋が必要なので、婦人科で処方してもらう必要があります。また保険が適応されないため、金銭的な負担は月3千円ほどです。

 

低用量ピルは毎日服用する必要があり、飲み忘れると効果がなくなってしまうため、自己管理が必要な薬です。基本的には21日飲んだら、7日服用しないというサイクルを繰り返します。飲み忘れ防止のため、21日分の薬と一緒に偽薬と呼ばれるダミーの薬が一緒にパッケージされた種類もあるので、医師と相談して服用しましょう。

 

したがって低用量ピルは市販されていません。薬局やドラッグストアで探しても見つかりませんのでお医者さんに相談かもしくは通販でも購入できるのでそちらを利用するのも一つの手ですね!